肝臓を支えるアラキドン酸の働き

肝臓は私達の身体の中にあるのですが、その中でも役割が多いとされるくらい重要な臓器になっているんですよ。
お酒に含まれているアルコールを飲んでも、時間がたつにつれて、アルコールが抜けていくのは肝臓がしっかり浄化作用を行ってくれるからなんですね。
そんな重要な臓器であるからこそ悩む事として、臓器が働き過ぎて疲れてしまって元気よく働いてくれない事です。

臓器も私達と同じように負担のかかる対応をさせていると疲れてしまい、臓器の機能が低下してしまいます。
その例として多いのが、二日酔いで、飲み過ぎて肝臓の浄化作用に負担をかけすぎると機能が低下していまい、アルコールを浄化できずに体内にアルコールが残ったままになります。
お酒の飲み過ぎは身体に悪いと良く言われるのは、このように肝臓に負担をかけてしまう状態を作ってしまうからなんですね。

そんな肝臓の働きをサポートしてくれるのがアラキドン酸です。
アラキドン酸には私達の細胞を作るために必要な成分となっているんですよ。
つまりアラキドン酸を摂る事で、疲れきった肝臓の細胞を新しい細胞に変化させてくれるので、肝臓の機能が低下するという状態を防止してくれます。
お酒を飲む前にアラキドン酸のサプリメントやドリンクを摂取すると肝臓が疲れるという状態を防止してくれて、二日酔いを予防してくれますよ。

アラキドン酸の理想的な摂取量についてはこちらのサイトで詳しく解説されていますが、どうやら過剰摂取http://www.taoisminfo.com/kajyousextusyu.htmlは良くないようです。
毎日適量を摂取して健康を手に入れましょう!